2014年5月29日木曜日

夏季における食中毒の予防について

細菌性の食中毒の多発する時期になりました。
食中毒の原因の多くは、細菌によるものです。
そのため、食中毒を予防するには、食品の細菌汚染を防ぐことが大切です。
食品の取り扱いについては、1.清潔、2.迅速又は冷却、3、過熱と殺菌という食中毒予防の三原則を守り、食中毒を起こさないようにしてください。

1.清潔(食品に最近をつけないために)
   調理の前、また調理中に、手をよく洗ってください。
   食器、まな板やふきんなどの調理器具の消毒(熱湯・塩素系漂白剤・日光等)は、食品への二次汚染を防ぐために大切です。

2.迅速又は冷却(食品で細菌を増殖させないために)
   買ってきた食品は、室温に放置しないで、できる限り早く調理し、調理したものは早く食べてください。
   細菌は、冷却しても死にませんが増殖しにくくなります。食品を保管する場合は、5℃以下を目安に冷却してください。

3.加熱と殺菌(食品中の細菌などの病原体をやっつける)
   細菌は、熱に弱く、たいていの菌は死んでしまいますので、食品にはなるべく火を通してください。
   また、調理器具の殺菌・消毒も念入りに行ってください。

2014年5月24日土曜日

自衛消防訓練を実施しました


 平成26年5月22日(木)13:00より ごか病院 病棟にて自衛消防訓練が実施されました。
これは年2回行っており、今回は夜間時想定で網走消防署員の方の立ち会いのもと、約40名の職員がそれぞれの役割を確認し本番さながらの訓練でした。
この訓練は、もし災害が発生した場合、被害を大きくしないために消防隊が到着するまでの間に、職員が繰り返しの訓練によって万一のときの対応を体で覚えるものです。

(避難訓練模様) 
訓練前の打合せです。
それで準備が整いましたので開始します。
非常放送が鳴りました 「ただいま、4F火災報知機が作動しました~」
患者様の避難誘導開始です 「みなさん落ち着いて」
周りの安全確認して素早い行動が大事です。
消防署員の方から訓練内容の講評を受けました。

 避難訓練が終了した後に屋外で消火訓練を実施しました。
これは実際に消火器を使用して、新入職員も含めまだ体験していない職員を対象とした訓練
です。
実際は粉末の消火剤で勢いがもっとあるそうです。
これは施設内に設置してある消火栓からの放水です。
ちなみにこの放水の水圧は、車がへこむ位あるそうです。


   次回は秋頃を予定しており、当院では患者様と職員の緊急時の安全確保の為、この
  訓練を実施してまいります。

2014年5月9日金曜日

ほじょ犬同伴を受け入れています


当院では、身体障害者補助犬(ほじょ犬)の同伴を受け入れております。

ほじょ犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)は、身体障害者補助犬法に基づき認定された犬で、特別な訓練を受けており、障害のある方の大切なパートナーです。

院内でほじょ犬を見かけた時には、あたたかく見守っていただきますようお願いいたします。

ほじょ犬の受け入れについてご不明な点がある場合は、病院職員へお問い合わせください。